トップページ > ラクトフェリンというもの

ラクトフェリンというもの

ラクトフェリンというもの 


母乳や乳牛などの乳に多く含まれ、涙や唾液などにも含まれているラクトフェリン。

ラクトフェリンという名前の由来ですが、ラクトフェリン自体はタンパク質に分類されています。

ラクト『lacto(=乳)』+フェリン『ferrin(=鉄)』という結びつきから

ラクトフェリンと命名され、鉄に結びつくタンパク質という意味があります。

ビフィズス菌の増殖や抗炎症作用や鉄結合能と関連する鉄吸収調節をする働きが確認されてとても注目されているのです。

ラクトフェリンは口から摂取すると胃液や消化酵素で分解されてしまいます。

分解されたラクトフェリンは通常アミノ酸として体の中でエネルギーとして利用されるのです。


ラクトフェリンは、熱に弱いため加熱処理をするとラクトフェリンはほとんどなくなってしまうので、

ラクトフェリンは分解されるとほとんど意味がなくなってしまいます。


ですのでラクトフェリンを摂取する場合はコーティングされた、タブレットや粒上のサプリメントで補う方法で腸まで届かせていくのが効果的なのです。

ラクトフェリンの効果は、一番に便秘解消効果と免疫力向上があげられます。

次にお腹周りがスッキリして、スカート・ズボンがゆるくなり体重がおちたことなど内臓脂肪を減らして、ダイエットの効果があるという方が、

非常に多いということです。


そしてラクトフェリンにはビフィズス菌を増やす効果や、脂質代謝改善効果などもあると報告されています。

なかなか熱によって腸まで届かせるのが難しいラクトフェリンですが、健康食品やサプリなどで、

腸まで届かせると腸内環境が整ってさまざまな効果が得られるというわけです。