トップページ > ラクトフェリンとビフィズス菌の関連

ラクトフェリンとビフィズス菌の関連

ラクトフェリンとビフィズス菌 



腸の中にはビフィズス菌などの善玉菌とブドウ球菌や大腸菌などの悪玉菌がいるのですが、良くも悪くもない菌が非常に多く住んでいます。

悪玉菌は増え過ぎてしまうと悪い影響を及ぼします。腸内に悪玉菌が増えることによって

どのような影響を及ぼすのかというと、免疫力が落ちて、さまざまな感染症にかかりやすくなったり、

発がん性物質が作られる量が増えたり、また、下痢や便秘がおこりやすくなってしまいます。


そのビフィズス菌は母乳を与えている赤ちゃんの便に多く含まれることが報告されています。

ビフィズス菌は、大腸菌などが増えるのを抑えてくれるので赤ちゃんが腸の病気にかかるのが原因で死亡してしまうのを防いでくれるという働きがあるのです。


こうやってみますとビフィズス菌は、母乳に含まれているラクトフェリンに助けられているといってもいいのではないでしょうか。

ラクトフェリンは大腸菌などの悪玉菌の繁殖を抑えながら、ビフィズス菌を増やしていきます。

腸内には善玉菌と悪玉菌以外に日和見菌という菌も済んでいるのですが、この菌は、優位な方の菌の味方ですので善玉菌が優位に立っていることで日和見菌は、

善玉菌の味方についてくれるということです。


ラクトフェリンの助けによって、腸内の菌が善玉菌を増やすことで

腸内のバランスが良い方向に向かっていくのです。