トップページ > ラクトフェリンの内臓脂肪を減らす効果

ラクトフェリンの内臓脂肪を減らす効果

ラクトフェリンの内臓脂肪を減らす効果



ラクトフェリンには内臓脂肪を低減させる効果があるそうです。

ライオンが牛乳や母乳に含まれるたんぱく質の一種である「ラクトフェリン」が、人間の内臓脂肪の低減に有効であることを確認したと発表し、多くの人が

注目しているラクトフェリンですが人間の脂肪への効力を確認したのは今回がはじめてで、メタボリック症候群への対応が大変期待されているのです。

ラクトフェリンの2ヶ月の摂取で最大40パーセントの内臓脂肪面積が減り、平均で22パーセント、ウエストサイズで4パーセント減るという実例もあります。

ラクトフェリンは哺乳類の産後一週間の母乳の中に含まれるたんぱく成分で、細菌やウイルスからの攻撃を防ぐ防御因子としての効用を持ち、

整腸作用や大腸がんの予防効果で注目されています。

京都府立医科大学と国立がんセンター研究所の共同で研究した結果、男性8人と女性4人の成人に対してラクトフェリンを300ミリグラム相当分を二か月毎日摂取させた。

ラクトフェリン自体は熱や酸、酵素に弱いので、そのまま摂取すると腸に届く前に胃酸で溶けてしまいます。

胃酸では溶けず腸で解ける加工を施したラクトフェリンタブレットを利用して、さらに二か月の間は食事や運動の制限をかけなかったのです。

結果、2か月後の被験者の平均で腹部CT断面による内臓脂肪面積で22パーセント減、最大で40パーセント減という驚く結果が出たのです。

牛乳成分のラクトフェリンでメタボな内蔵を減らせる可能性が高いということがわかりました。