トップページ > ラクトフェリンの摂取の副作用と注意点

ラクトフェリンの摂取の副作用と注意点

ラクトフェリンの摂取の副作用と注意点



ラクトフェリンはほとんどの哺乳動物の母乳に含まれているタンパク質の一種で、特に人間の母乳に多く含まれています。

ラクトフェリンは美容や健康にさまざまな効果をもたらすと言われていて、免疫力のアップや、さまざまな病気の予防、内臓脂肪を取り除くという働きなど、

赤ちゃんだけでなく大人の私たちにもいろいろな効果を発揮してくれる重要な成分なのです。


ただ、ラクトフェリンの成分は熱や酸に弱いという性質を持っているのが難点で普通の食事から摂ると、胃で分解されてしまうために効果的に摂取することが不可能になってしまいます。

ですのでサプリメントなどうまく活用して摂取していきたいものですね。そんなすごい効果を発揮できるラクトフェリンですが、

副作用は?ということですが、各メーカーや研究機関が副作用について研究していますが、現在のところ副作用はほとんどないとされています。


厚生労働省からも認められていて、安全なものであると言えます。

アメリカでは、2001年にGRASとして、安全性が認められています。


ただ現在のところ報告されてはいないようですが、副作用が全くないとは言い切れません。

特に乳製品に対するアレルギーは副作用として考えらえるので必要以上の摂取は控えてください。


ラクトフェリンは、鉄分と反応する性質がある為、結合してしまうとミネラルになり鉄を奪ってしまうこともありますので妊娠中の方や授乳中の方には摂り過ぎないようにしてください。

あとは、過剰に摂取して腸の働きが活発になりすぎて、お腹をこわす危険性も考えらえます。