トップページ > ラブレ菌

ラブレ菌

ラブレ菌



ラブレ菌は、乳酸菌の一種ですが、他の乳酸菌より働きが強く、生きたまま腸内まで到達するので腸内の環境を効果的に整える事ができる乳酸菌です。

植物性乳酸菌で、環境の悪い状態でも生き抜く力の強い乳酸菌なのできちんと腸まで届き、大腸菌などの悪玉菌の働きを抑えて腸内環境を整えるとともに、自分の力を充分に使う手助けをしてくれるということです。


ラブレ菌が発見されたのは伝統的京漬物の『すぐき漬け』から発見された和製植物性乳酸菌とは驚きですね。

ラクトフェリンとラブレ菌を同時に摂取すると免疫力を高めることが出来ますのでダイエット中の体調不良も気にせずスッキリさせてくれる役割を果たします。


下腹ダイエットに有効とされるので下腹の肥満に効果を発揮します。

女性の悩みの下腹部の肥満の大きな原因とされている1つに、腸の腫れによって、腸が老化する事により、腸内環境が悪化するのです。

ラブレ菌は、これらの腸の腫れを防止することが出来るため、腸の老化を予防し、腸内環境の改善を促進します。


最近ではいろいろな各メーカーからラブレ菌を主体とした乳酸菌サプリメントも、下半身のお腹の肥満解消目的中心に人気があります。

ラブレ菌の効果でポッコリしたお腹をスッキリさせてみませんか?

内臓脂肪の燃焼を助けてくれるラクトフェリンには、たびたび便秘が原因でおこってしまう肌荒れを改善してくれる効果の高いラブレ菌と、とても相性が良いのです。

ダイエットに最適なラブレ菌と共に摂取して体の老廃物を排除しましょう。