トップページ > リンゴポリフェノール ダイエット

リンゴポリフェノール ダイエット

リンゴポリフェノール ダイエット



リンゴポリフェノールは、赤ワインや緑茶に含まれているポリフェノールとは違い、リンゴ独自のポリフェノールで主体はプロシアニジンといわれます。


リンゴポリフェノールは消化吸収を抑える作用によって血中中性脂肪低下や抗肥満の効果を得ることができ、リンゴポリフェノールは、

摂取した脂肪の体内への吸収を抑制し排泄を促す一方、肝臓内では脂肪生合成を抑え、脂肪燃焼を促進するのです。


脂肪蓄積抑制作用で食事で摂取した脂肪を吸収するのを防いで排泄します。


脂肪燃焼酵素活性作用では肝臓にある脂肪を合成する酵素を抑え、脂肪をエネルギー源として燃やす酵素を活性化します。


リンゴポリフェノールは赤い熟したリンゴより青い未熟なリンゴの方が効果があり、果肉よりも皮に多く含まれているのです。


リンゴポリフェノールには脂肪を燃焼させてエネルギーにする作用があるので運動でエネルギーを燃やすとより効果がアップします。


リンゴ自体がカロリーも低いので朝にリンゴだけ食べるのもダイエットには効果的ですよね。

しかし、リンゴだけの単体でのダイエットはお勧めしません。


ダイエットにも効果的ですが、まずリンゴポリフェノールは、豊富に含まれている食物繊維によって整腸が促され、便秘が解消されますので

過剰な栄養分などは蓄積されにくくなって、むしろこれまでの蓄積分が消費されるため、体重が減少するという原理です。


満腹感と低カロリー、そして便秘も解消!リンゴポリフェノールで内臓脂肪型の方に有効的なダイエットができます。