トップページ > リンゴポリフェノールの効果

リンゴポリフェノールの効果

リンゴポリフェノールの効果



ポリフェノールといえば、赤ワインや緑茶に含まれているのが有名なのですが、りんごにもポリフェノールが多く含まれており、リンゴポリフェノールの主体はプロシアニジンといわれます。


カテキンがいくつか繋がった形です。

リンゴポリフェノールは抗アレルギー作用で現代では食生活や住居環境でいろいろなアレルギーに悩む人が増えていますが、リンゴポリフェノールはアレルギー症状を緩和します。


抗酸化作用でリンゴポリフェノールが、体に入っていきますと、体に悪影響な活性酸素と積極的に結びつき体が、本来持っている抗酸化酸素やビタミンEの消耗を防ぎます。

口腔衛生の作用で口臭の原因のメチルメルカプタンという成分の発生をリンゴポリフェノールが抑え、虫歯菌が出す歯垢形成酸素を防止します。


リンゴポリフェノールは消化吸収を抑える作用によって血中中性脂肪低下や抗肥満の効果を得ることができます。

リンゴポリフェノールは、摂取した脂肪の体内への吸収を抑制し排泄を促す一方、

肝臓内では脂肪生合成を抑え、脂肪燃焼を促進するのです。


ですのでリンゴポリフェノールは非常にダイエットに効果的なのです。


リンゴポリフェノールは赤いリンゴよりも、青い熟していないリンゴの方が多く含まれているようです。

ラクトフェリンの脂肪酸やブドウ糖を分解する力が脂肪の蓄積を防いでくれるので、ラクトフェリンと一緒に摂ることでどちらも補うことで強化できますのでラクトフェリンとリンゴポリフェノールの相性でいいように相乗効果があるのです。