トップページ > 乳酸菌の種類・特徴

乳酸菌の種類・特徴

乳酸菌の種類・特徴



免疫力を高めるということで乳酸菌が絶大な効果を発揮することから、乳酸菌が注目されています。

乳酸菌にはさまざまな種類があります。乳酸菌という名前の菌が1種類だけあるのではなく、それぞれが持つ性質によって枝分かれしていて、

枝分かれした先の末端の菌株に無数の種類が存在しているのです。


腸内の悪玉菌がつくる毒素で老化が進むこと、そして長生きになるためには腸内腐敗を防止する乳酸菌などの善玉菌の摂取が大切なのです。

乳酸菌は腸内細菌のバランスを回復する整腸作用や下痢、便秘の症状改善に加えて免疫増強作用、発ガン抑制作用、コレステロール抑制作用等があります。


私たちが普段食べるものでは味噌、醤油、ヨーグルト、チーズなど発酵食品に乳酸菌が豊富に含まれており、健康にプラス効果を与えます。

● ビフィズス菌

● ヤクルト菌

● LG21

● 植物性乳酸菌

● コッカス菌

● ラクトバチルス・ガッセリ菌(LG菌)

● クレモリス菌

● ラブレ菌


他にも数え切れないほど乳酸菌の種類があります。

ビフィズス菌やラブレ菌、ヤクルト菌などは商品などで聞いたことがあるのでご存知ではないかと思います。

それぞれ少しずつ働きは違うのですが、乳酸菌の働きは、病原菌から体を守る 腸内の腐敗を抑える ビタミンを作り出す 腸の運動を促し便秘を防ぐ 下痢の予防と治療といったことに効果的です。

世界の長寿村では高齢者の腸内にビフィズス菌・乳酸菌など善玉菌がとても多くいるそうです。