トップページ > 乳酸菌を増やす方法

乳酸菌を増やす方法

乳酸菌を増やす方法



乳酸菌は、胃を通過するときに胃酸よってほとんどが死滅することから、腸まで生きたまま届く乳酸菌の開発競争に各会社が一生懸命になっています。


そして乳酸菌の数を増やしています。

乳酸菌は乳酸菌の数を多くすることによって死なずに腸まで届く乳酸菌が増えるというと多くの乳酸菌が死なずに腸まで届いたとしても、

すでに腸内に住んでいる善玉菌のいるところに住み着くことは出来ず腸に留まることはできないのです。


胃酸でも死なない強力な乳酸菌を開発した商品を売り出している会社もあります。

胃酸で死なないぐらいの強力な乳酸菌が腸内へ入って問題はないのかの疑問もあります。

しかしせっかく腸まで届いた乳酸菌は、たいていが通過菌として体外へ排泄されるので問題はないようです。

何のために強力な乳酸菌が必要なのでしょうか?

それは歳をとるごとに腸の中の乳酸菌が減少していくため、健康保持や美容のために乳酸菌を腸まで届かせたいのです。

口から食べたり飲んで摂ったビフィズス菌は、腸に住みつきませんから、毎日摂らないといけません。

ビフィズス菌を飲んでも全部住みつくわけではないので毎日大量に摂取する必要があるのです。


赤ちゃんは乳酸菌が不要です。

何故ならラクトフェリンという出産直後からの母乳に含まれているたんぱく質で必要な栄養成分と、感染やウイルスなどから身体を守る感染防御成分が含まれています。

ですので赤ちゃんは乳酸菌が不要でもしっかり栄養補給しているのです。

乳幼児のお腹には100%近くビフィズス菌が占めているので抵抗力の弱い赤ちゃんの健康を守っているのです。