トップページ > フェカリス菌とラクトフェリンの関係

フェカリス菌とラクトフェリンの関係

フェカリス菌とラクトフェリンの関係



スギ花粉に対する症状緩和効果を発揮する花粉症対策として近年注目を集める乳酸菌フェカリス菌という乳酸菌の一つです。

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を生産する細菌という。アレルギーを緩和する作用で花粉症や鼻アレルギー、

アトピー性皮膚炎の発症予防などに効果があると多くの研究論文で注目を浴びています。

乳酸菌は200種類以上が存在するともいわれており、アレルギーに対しての効果も様々ですが、乳酸菌は腸内まで生きて届かせることが

重要視される中、この研究ではフェカリス菌は、加熱殺菌した状態であるにも関わらず症状緩和効果を発揮するという報告があげられているのです。

フェカリス菌は、菌体が小さいので、1000億個単位で摂取するなど、一度に多くの菌を摂取することが出来るのです。

そんな花粉症に効く乳酸菌のフェカリス菌とラクトフェリンはとても相性がいいのです。

フェカリス菌は、他の乳酸菌と比較すると免疫を整える作用が強いのです。

腸の状態を良好に保つ整腸作用、ウイルスや細菌の繁殖することを防ぐ感染症抑制作用にとても効果があります。

フェカリス菌は、小腸で働き繁殖力が比較的早い菌だと言われています。

フェカリス菌は、生きている状態よりも、加熱処理された方が免疫調査委作用が強くなると言われていますので、今まで加熱するとなくなるとされたものを、

くつがえしますので体内にラクトフェリンとの結びつきの相乗効果で有効に運ばれるのです。