トップページ > ラクトフェリン 効果的な飲み方

ラクトフェリン 効果的な飲み方

ラクトフェリン 効果的な飲み方



腸内環境をよくする母乳に含まれたラクトフェリン。

そのラクトフェリンの効果的な飲み方ですが、ラクトフェリンは、就寝前に飲むと効果的と言われています。

ラクトフェリンが腸まで届いた時に、寝ている状態が一番効果を発揮するからです。

ラクトフェリンは母乳に含まれている成分で、赤ちゃんは母乳を飲んだ後はすぐに寝てしまいます。

ですので、眠った時に効果を発揮するようできていることから就寝前に飲むのが効果が発揮できるのです。

ラクトフェリンの効果の持続時間は、24時間以内ですので、効果的に摂取する場合は、1日1回はラクトフェリンを摂取する必要があります。

生活習慣病の原因とされる肥満を解消する場合は、ラクトフェリンの摂取量は、1日あたり600mgから900mgが必要とされていますが、

薬ではないので、もちろん即効性があるものではありません。


ラクトフェリンは長期的に継続すると効果があるとされています。

ラクトフェリンは牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。

ですが、熱に大変弱い性質があるため加熱殺菌処理をしている牛乳やヨーグルトにはほとんど含まれていないのです。

ラクトフェリンが有効に働くには胃で分解されずに腸まで届けないといけません。

食品から摂ったラクトフェリンは胃で分解されてしまいますので、ラクトフェリンは胃で分化されず、腸まで届くようにコーティングをしたサプリメントから摂らなければ効果が期待できません。

自分に合ったラクトフェリンのサプリメントで効果的に飲むようにしましょう。